便秘の薬に副作用があるのを御存知ですか。便秘になったら下剤を利用する方も多いと思いますが、便秘の時に下剤を使用するのは便秘を根本的に解消したことになることはないでしょう。便秘の薬の副作用のひとつ目としては便秘の薬依存症になることです。便秘の薬に頼ってしまって下剤がないのなら便を行いたいと思わなくなってしまうわけです。ですから本来ならば便秘の薬を使用行うのであれば、医師に相談して使うのが一番望ましいのだとか。便秘の薬と言っても色々な種類の薬がありますが、便秘の症状もいろいろです。痙攣性の便秘の時に、下剤を飲んでしまうと下痢の症状がひどくなるだと言えるでしょうからあまり飲まないほうがいいでしょう。便秘の種類によって便秘の薬を選ばないと大変なことになってしまうのです。 便秘の薬の直接の副作用と言う物は特にないのかもしれませんが、先ほど紹介したように、便秘薬の依存症になったり、下痢の症状が酷くなったりすることもあるので出来るだけ便秘の際には薬を使わないのが一番ですし、もしも便秘の薬を使う事がある場合は、病院で医師にきちんと見てもらって医師が処方して物を正しく守って飲むことが大切です。